「コミュニケーションの棚」から、おススメの一冊をご紹介! 医師のためのビジネス選書

ユニクロ「幻のバイブル」がわかりやすく読める。「これが僕の人生でナンバー1の経営書だ!」(柳井 正)

『超訳・速習・図解 プロフェッショナルマネジャー・ノート』 柳井正・解説 プレジデント書籍編集部・編・著 プレジデント社
1296円 2010/12/27

貧しい家庭に育ち、職を転々としながら経営スキルを身につけ、米大手通信会社のCEOに上りつめたハロルド・ジェニーン。彼が経営者としての心構えや手法を説く1984年発表の名著を、多忙なビジネスパーソンがそのエッセンスをつかめるよう再構成しました。

内容詳細

現場経験から経営のあり方を説く

 貧しい家庭に育ち、さまざまな職を転々としながら経営のスキルを身に付け、1959年にアメリカの通信会社ITTの社長兼最高経営責任者に就任したハロルド・ジェニーン。彼の就任後、同社は、「58四半期連続増益」というアメリカ企業史上空前の記録を打ち立てる。
   ジェニーンは、自ら現場の経験をもとに、経営者としての心構えや手法を説く『プロフェッショナルマネジャー』をアメリカで1984年に発表(日本では2004年にプレジデント社から刊行)、一大ベストセラーとなった。日本ではファーストリテイリング代表取締役会長兼社長の柳井正氏が「この本こそが、私の人生で最高の経営の教科書」と大絶賛している。
   本書は、同書の内容をわかりやすくかみ砕き、多忙なビジネスパーソンがジェニーンの経営術のエッセンスを取り込めるよう解説、再構成したもの。理論だけではなく、実践の中からつかみとったジェニーンの“体験”を感じ取れる内容となっている。

ハーバードの理論に疑問を呈する

 ジェニーンは、1980年代にハーバード・ビジネススクールが考案した「キャッシュ・カウ&スター理論」に疑問を呈する。この理論は、自社の事業部を一定の基準により「スター(星)」「キャッシュ・カウ(牡牛)」「ドッグ(犬)」に格付け、分類するというもの。「スター」は成長性も収益性も高い事業部で、収益性は高いが成長可能性が低いと「キャッシュ・カウ」に分類される。そして、収益性が低く、成長も見込めない事業部が「ドッグ」になる。
 ジェニーンが危惧したのは、スター以外の二つのカテゴリーに分類された事業部で働く人々のモチベーションだ。誰も、“ダメ部署”とレッテル貼りされた職場で働きたいと思わないだろう。また、「ドッグ」と決めつけて切り捨てるのではなく、なぜ「ドッグ」なのか理由を探り、同じ犬でも優秀なグレイハウンドに育てるにはどうすればよいかを考え、できる限りのことをするのが経営者の責任だとジェニーンは断言する。

 

人材育成は「かまど料理」と同じ

 ITTの社長兼CEOに就任するにあたってジェニーンは、1年あたりの業績の目標を定めた。するとITTの各ユニットは、この目標達成のために5年間の事業計画づくりに忙殺されることに。そのために、目の前の四半期の目標が達成できなくなっていることに、ジェニーンは気づく。
 そこで彼は「今後、長期計画は一切無用とする」との覚書を社内で配付。まずは「やり始める」ことが大事だということをジェニーンは強調する。
 人材を評価して育てるのは、「かまどで料理をする」ようなものだとジェニーンは言う。かまどでは、火・薪、空気の流通などさまざまな要素に注意を払い、コントロールしなければならない。レシピはあってもその時々に合わせた調味料の塩梅で料理の味は変わる。このように自分の全感覚と能力を注ぎ込んでつくる料理こそ、マネジメントのひな型であるとジェニーンは言う。そして、そこで一番大事なのは「鍋から目を離さないこと」なのだ。

 

 

(文・情報工場

 

情報工場
厳選した書籍のハイライトを3000字にまとめて配信する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を提供。日本語未翻訳の海外の話題の書籍も日本語ダイジェストで紹介。上場企業の経営層・管理職を中心にビジネスパーソン約6万人が利用中。

 

目次

  1. 1. セオリーだけでは経営なんかできない
  2. 2. 経営の秘訣
  3. 3. 大不況の中で手に入れた金銭以外の報酬
  4. 4. 2つの組織
  5. 5. 経営者の条件
  6. 6. リーダーシップ
  7. 7. エグゼクティブの机
  8. 8. 最悪の病 —エゴチスム
  9. 9. 数字が意味するもの
  10. 10. 企業家精神

◎著者プロフィール

ハロルド・ジェニーン
英国ボーンマス生まれ。ニューヨーク証券取引所のボーイから、図書の訪問販売、新聞の広告営業、会計事務などを経てジョーンズ・アンド・ラフリン社、レイシオン社で企業の経営に参加参画。1959年ITTの社長兼最高経営責任者に就任。アメリカ企業史上空前の記録、“14年半連続増益”という金字塔を打ち立てた。17年間の就任中に買収・合併・吸収した会社は80か国に所在する350社に及ぶ。
EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

「大手企業経営陣に読まれているビジネス書」に関する書籍一覧

  • 『マネジメント[エッセンシャル版]』-基本と原則 P F ドラッカー (ダイヤモンド社)

    「変化」のときこそ、「基本」を確認しなければならない! ドラッカー経営学の集大成を一冊に凝縮。

    「マネジメントの父」たるP.F.ドラッカーの大著『マネジメント』から、時代を超えて生き続ける基本と原則を、ドラッカー自身が抜粋したマネジメント論の本格的入門書。マネジメント論の精髄…

  • 『ビジョナリー・カンパニー』 -時代を超える生存の原則 ジム コリンズ;ジェリー ポラス (日経BP社)

    時代を超えて際立った存在であり続ける企業の本質を明らかにした「時代を超える」経営書

    先見的な経営で社会にインパクトを与え、時代を超えて際立った存在であり続ける超優良企業を、本書では「ビジョナリー・カンパニー」と定義。その中から18社を選び、そこに共通する特徴を導き…

  • 『EQリーダーシップ』 -成功する人の「こころの知能指数」の活かし方 ダニエル ゴールマン (日本経済新聞社)

    有名企業の幹部社員の調査結果で判明。「できる上司」と「ダメ上司」の決定的な違いとは何か?

    優れたリーダーは、人の心を動かし、最高の力を引き出します。成功するのに重要なのは、IQではなくEQ(こころの知能指数)なのです。EQの提唱者であるゴールマン博士が、企業幹部約3,8…

  • 『働き方』-「なぜ働くのか」「いかに働くのか」 稲盛 和夫 (三笠書房)

    「平凡な人」を「非凡な人」に変える。人生において価値あるものを手に入れる法。

    日本を代表する企業人の一人である稲盛和夫氏。その多数の著書で述べられた人生観を「働き方」というテーマで説いたのが本書です。平易な言葉で仕事観、「働くこと」の価値、人生を豊かにするた…

  • 『完訳 7つの習慣』‐人格主義の回復 スティーブン・R・コヴィー (キングベアー出版)

    個性主義から人格主義へのパラダイムシフト。「7つの習慣」の実践で最高の望みを達成し、最大の困難を克服する。

    世界で3,000万部の大ベストセラーが、より読みやすくなりました。1989年の初版以降、世界は劇的に変化し、個人の生活もはるかに複雑になってきています。そんな変化や困難が多い時代に…

コメントを投稿する

投稿者名(12文字以内)
コメント
(100文字以内)

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ