「コミュニケーションの棚」から、おススメの一冊をご紹介! 医師のためのビジネス選書

なぜ、あなたはいつまでも変われないのか? なぜ、あなたは今、幸せを実感できないのか? アドラー心理学が人生を変える

『嫌われる勇気』-自己啓発の源流「アドラー」の教え 岸見 一郎・著 ダイヤモンド社
1620円 2013/12/13

フロイト、ユングと並んで「心理学の三大巨頭」と称される、19世紀末から20世紀初頭に活躍したアルフレッド・アドラー。人々の悩みを消し去り、幸福に生きることを助けるその思想の根幹を、架空の「哲人」と「青年」の「対話」をもとに徹底解説します。

内容詳細

「対話」でアドラー心理学を解説

 オーストリア出身の心理学者、アルフレッド・アドラー(1870-1937)は、「個人心理学(アドラー心理学)」という独自の理論を確立し、その後の人生哲学、自己啓発理論に大いなる影響を与えた。本書は、「どうすれば人は幸せに生きられるか」という究極の問いにシンプルかつ具体的な答えを提供し、人間理解の真理、あるいは到達点とも言われるアドラー心理学の真髄を、架空の「哲人」と「青年」の対話を通してわかりやすく解説している。
 著者の一人で原案を担当する岸見一郎氏の分身と思われる「哲人」は、元はギリシア哲学の研究に没頭していたが、アドラー心理学に出会い「もうひとつの哲学」として自らの思想に取り入れている。一方の「青年」は、自らの人生を不幸だと感じ劣等感に苛まれており、「世界はどこまでもシンプルであり、人は今日からでも幸せになれる」と説く哲人に違和感を感じ、その真意を問い質すべく5回にわたり「対話」に挑む。

「嫌われる」ことで自由になれる

 本書の対話で哲人の口から明らかになるアドラー心理学の理論は、非常に体系だったものだ。アドラー心理学に関する類書では、「目的論」「課題の分離」「共同体感覚」などの理論や考え方を個別に解説するものが多い。しかし本書では、青年の反論や“ツッコミ”に哲人が論理的に答えていく流れの中で、それらが見事につながっている。そのため読者は対話を追いながら、アドラー心理学の全体像を納得感を持って一望、理解していくことができる。
 哲人によればアドラーは、「すべての悩みは対人関係の悩みである」とし、そこから「自由」になるためには、「他者から嫌われる」ことを怖れない「勇気」が必要だとしている。他者からの評価を気にしすぎることで、自分の人生が他者から支配されることになる。「自分を嫌う」ことは「他者の課題」として「自己の課題」から分離することで、対人関係から自由になり、自分の人生を生きることができるというのだ。

「いま、ここ」にスポットを当てる

 本書で解説されるアドラーの理論でとりわけ強烈に感じられたのが、「『いま、ここ』にスポットを当てる」ということ。過去にとらわれず、ぼんやりとした未来の予想にも惑わされずに「いま、ここ」を真剣に生きる。その「いま、ここ」を生きる自分は、他者に支配をされない自己の太い軸を持っている。その軸は、未来に豊かな可能性を広げるとともに、過去の経験の意味づけを変えることができる。また、揺るぎない軸があることで、見返りを求めない「他者貢献」が可能になるのだろう。そしてその「他者貢献」が「共同体感覚」を育む。
 自分の軸を持つことは、孤立することでも、利己的になることでもない。すべての他者からの評価や助言をはねのけるのではなく、「自分の課題」になるもののみを受け入れるということといえる。
 考えのベクトルを変え、その方向に一歩踏み出す勇気を持つこと。アドラー理論を実践するのに必要なのは、たったそれだけなのだ。

 

(文・情報工場

 

情報工場
厳選した書籍のハイライトを3000字にまとめて配信する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を提供。日本語未翻訳の海外の話題の書籍も日本語ダイジェストで紹介。上場企業の経営層・管理職を中心にビジネスパーソン約6万人が利用中。

 

目次

  1. 1. トラウマを否定せよ
  2. 2. すべての悩みは対人関係
  3. 3. 他者の課題を切り捨てる
  4. 4. 世界の中心はどこにあるか
  5. 5. 「いま、ここ」を真剣に生きる

◎著者プロフィール

岸見 一郎
哲学者。1956年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。日本アドラー心理学会認定カウンセラ一・顧問。
古賀 史健
フリーランスライター。1973年生まれ。書籍のライティングを専門とし、ビジネス書やノンフィクションで数多くのベストセラーを手掛ける。20代の終わりにアドラー心理学と出会い、常識を覆すその思想に衝撃を受ける。
EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

「人間関係」に関する書籍一覧

  • 『自分再起動』‐自由度の高い人生を生み出す究極の方法 クリス・ギレボー (飛鳥新社)

    「クエスト(冒険)思考」があなたを変身させ、人生を大きく動かす! 日常を変えた人たちが手に入れた驚きの成果とは?

    現代は、自分が好きなことで自己実現し、それを発信することで仲間が増えたり、仕事に結びついたり、ということがすぐに起きる時代です。それをいち早く成し遂げた人たちの成功談を紹介しながら…

  • 『「どうせ私は」を、やめてみる。』 井上 裕之 (日本経済新聞出版社)

    〈悩み〉と〈不安〉の捨て方は、分別ゴミと同じ! 大変な毎日を無理なく変える、すこし意外な人生のヒント

    多くの人は、挫折を乗り越え、我慢を重ねて、努力を続け、目標に到達できてこそ幸せになれると考えます。でも本音では、つらい毎日は避けたいし、現在も将来も幸せに暮らしたいはずです。本書は…

  • 『自分の考えに自信が持てる本』-常識にだまされず本質を見抜く「リ・フレーム思考」 広瀬 一郎 (かんき出版)

    もう、まわりに流されない! 数々のビッグイベントを成功させてきた著者が教える、ビジネスに役立つ自分の頭で考える力の磨き方

    自分の意見を自信をもって押し通せなかったり、考えもなく周りに同調したり、といったことはビジネスの場でよくあるのではないでしょうか。自分の「思考の軸」を作ることでアイデア提案や問題解…

  • 『リュボミアスキー教授の人生を「幸せ」に変える10の科学的な方法』 ソニア・リュボミアスキー (日本実業出版社)

    「○○しなければ、幸せになれない」と思い込んでいませんか?『幸せがずっと続く12の行動習慣』の著者、待望の最新刊。

    「理想の仕事に就けば、幸せになれる」「お金持ちになれば、幸せになれる」など、幸せを遠ざける10の誤った神話があります。これらの神話を信じようとしていることに気づき、適切に対処するこ…

  • 『達成の科学』-確実にゴールへ導くステップ・バイ・ステップの招待状 マイケル・ボルダック (フォレスト出版)

    「できない」のは
    あなたの心が弱いからではなく、
    痛みと快楽を理解していないからだ。

    ビジネスコンサルティングの世界的権威ブライアン・トレーシーから「世界No.1の目標達成コーチ」と称された著者が、実際にコーチングして1,000人以上のゴールを達成させた経験、ならび…

  • 『レジリエンスの教科書』 ‐逆境をはね返す世界最強トレーニング カレン・ライビッチ (草思社)

    あらゆる困難は、レジリエンス=「逆境力」を高めれば、かならず克服できる―。

    米国の名門ペンシルベニア大学で効果検証され、教育機関から企業、軍隊まで劇的な成果を上げてきた世界最高峰のメンタル訓練法を、アメリカの心理学者が解説。仕事、人間関係、子育ての悩みなど…

  • 『【決定版カーネギー】道は開ける』  -あらゆる悩みから自由になる方法 デール・カーネギー (新潮社)

    圧倒的な読みやすさ!
    「史上最高の人生のバイブル」が
    画期的新訳で新登場!

    だれもが直面する不安や悩みといった問題。「あらゆる悩みから自由になる方法」を手にし、「人生の成功」を得るための方法とは。世界で最も有名なビジネススキルの指導者、D・カーネギーが19…

コメントを投稿する

投稿者名(12文字以内)
コメント

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ