ピラミッド構造

ピラミッド構造とは、教授を頂点とする医局のヒエラルキー制度を示す言葉です。
基本的に1人の教授医局のトップに立ち、その教授の下に准教授講師助教医局員(研修医大学院生)が続く構造となっています。かつての日本では、医局に関する重要な決定事項は教授医局長)に委ねられており、その権力は絶大なものでした。しかし教授に権力が集中するこの構造は、さまざまな問題の温床とも捉えられて廃止する動きが起こりました。新人研修医に対して臨床研修制度が導入されてからは、この権力構造の力がさらに弱まったといわれています。

キャリアの一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ