副院長

副院長とは、病院のなかで院長に次ぐ権限を持った役職です。病院を統括する院長をサポートする役割があり、実際の治療だけでなく、若手医師の指導や病院全体の運営にも関わります。そのため、副院長には経営の知識やマネジメントスキルが必須です。副院長は複数の役割を担うため、医療機関によっては副院長を複数人配置し、医療担当、教育担当、経営担当などと役割を分担しているところもあります。
従来は副院長医師を配置するのが一般的でしたが、近年は、看護師副院長に起用するケースも増えています。患者にとって身近な存在であり、スタッフ全体の動きに詳しい看護師副院長になることで、病院全体の動きを見通すことが可能という考えです。この起用は、看護士の存在を高く評価していることをアピールし、看護士の離職防止につなげる目的もあります。

病院の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ