ST

ST(言語聴覚士,Speech-Language-Hearing Therapist)とは、言葉、聞こえ、認知、嚥下について障害がある人に対し、リハビリテーションを行い、社会復帰を支援する医療従事者です。患者の家族に対し、患者の障害を軽減するための助言や指導も行います。PT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ORT(視能訓練士)と並ぶ、リハビリテーション職の1つです。
STは1999年に誕生した比較的新しい専門職です。資格を取得するには、大学や専門学校で必修科目を修めて卒業した後に、国家試験に合格する必要があります。
言語や聴覚の問題は人間のコミュニケーションに大きな影響をもたらすため、STの活動分野は幅広く、病院などの医療機関のほか、老人保健施設、養護学校、障害者施設などにも在籍しています。
現在、日本に存在するSTの数は2万人程度ですが、言葉に何らかの障害を持つ人は約650万人にのぼるといわれているため、今後はSTの増加が望まれます。

資格の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ