博士号

博士号とは、学位のひとつです。大学院の博士課程を修了し、博士論文の審査・試験に合格した者、または、学歴を問わず博士論文の審査に合格して博士課程修了と同等以上の学力があると認められた者に授与されます。
医学における博士号は1991年に「学位規則」が改正されるまで「医学博士」という学位が与えられていましたが、改正後は「博士(医学)」という名称となりました。ただし、改正以降も医学博士という肩書きを使用している医師も多いです。
博士(医学)は学術的な部分が評価されるため、医師免許の取得は必要条件ではありません。しかし、かつては日本における大病院の多くが部長職以上になるために博士号の取得を条件としていたため、医師にとっては医局に身を置きながらキャリアプランを立てることが重要でした。ただ1960年以降、各分野で専門医制度が成立すると、学術的に評価される博士よりも臨床技術的に認められる学会認定専門医などが重視されるようになっていきました。

資格の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ