医師の偏在

医師の偏在とは、医師が特定の地域や診療科などに偏って属していることです。医師の絶対数が少ないこと、厳しい勤務形態や訴訟リスクのために、特定の診療科医師が集まりづらいことが、診療科による医師の偏在の原因として挙げられています。
また、地域ごとの医師数の格差も大きくなっており、都市部に多くの医師が集まり、都市から離れた地方では掲げた診療科医師が集まりづらくなっています。これは、医師自身の医療技術の向上や、医療体制・医療設備の充実、交通等の利便性などを考慮した場合に、都市部のほうがメリットが大きいことが理由として挙げられます。
医師の偏在への対策として、医学部の定員増加や、結婚・出産などで現場を離れた女性医師への復職支援などがあげられていますが、状況が改善されるにはまだ時間がかかる見通しです。

制度の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ