医師法

医師法とは、医療関係者に関する国家資格や権利義務について定めた法律です。医療施設について定めている医療法とは異なり、医師法は医療に従事する人について定めている点が特徴です。
医師法では、医師の任務や免許、試験、業務、卒後臨床研修、審議会および医師試験委員、義務などについて規定しています。規定に違反した際の罰則についても明記され、医師以外の者の医業禁止、名称の使用制限、無診療治療の禁止、異状死体の届出義務、処方箋の交付、診療録の記載や保存についてなどが挙げられています。
日本では1906年に旧医師法が制定され、1942年に国民医療法に統合されました。国民医療法は1948年に廃止され、これに代わり医師法と医療法歯科医師法、保健婦助産婦看護婦法が新たに制定されました。現在の医師法はこのとき制定されたものです。

制度の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ