感染症病床

感染症病床とは、病床区分の1つで、感染症法で定められている一類感染症・二類感染症、新感染症の患者を入院させるための病床です。感染症病床のほか、「一般病床」「精神病床」「結核病床」「療養病床」の4つの病床区分があります。
感染症病床には一般病床の必置設備のほか、機械換気設備、感染予防のための遮断施設、感染症ごとに必要となる消毒設備を設置しなければなりません。
また、感染症病床数は「基準病床数制度」により、都道府県の特定感染症指定医療機関などの感染症病床の合計数を基準に、知事が定めることとなっています。

制度の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ