国粋主義

国粋主義とは、明治維新後の日本に西洋の文化や思想が急速に流入・浸透するなかで唱えられた、日本固有の文化・伝統・物の捉え方などの長所を維持・発展させようという国家主義の一形態です。 明治政府の欧化政策に対する反発として現れたのが、明治10年代後半から20年代に結成された政教社と民友社などの国粋派グループによって行われた「国粋保存旨義(主義)」運動です。 政教社の雑誌『日本人』で三宅雪嶺・志賀重昂らは、政府が推進してきた欧化主義に反対して「国粋保存主義」を掲げ、日本文化の素晴らしさを説き、自国文化の向上に貢献すべきだと提唱しました。 民友社の徳富蘇峰は、雑誌『国民之友』を創刊し、西欧文化を否定するのではなく、西洋文化を加えた新しい日本文化を作ろうと説きました。この立場を平民主義と呼びます。これらの運動から「西洋」「東洋」という呼び名が一般化しました。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ