ミシェル・ノストラダムス

ミシェル・ノストラダムスは、「ノストラダムスの大予言」で知られる予言者です。医師としても活動していました。
ミシェル・ノストラダムスは1503年にフランスのプロヴァンスで生まれました。15歳のころにアヴィニヨンの大学で法律関係を中心に教養科目を学びます。1529年にモンペリエ大学医学部に入学した時点で、すでに薬剤師の資格は取得しており、その後に医学博士号を取得したといわれています。南フランスでペストが流行した際は、積極的に治療に従事しました。
ミシェル・ノストラダムス医師としての活動から占星術師・予言者としての活動へシフトした明確な理由は明らかになっていませんが、1550年頃から占星術師としての著述活動を始め、代表作『ミシェル・ノストラダムス師の予言集』を出版。1564年には、国王シャルル9世から「常任侍医兼顧問」に任命されます。その2年後の1566年、病気により62歳で亡くなりました。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ