カンファランス

カンファランス(conference)とは、会議、協議、連盟などを意味する語です。日本では「カンファレンス」「コンファレンス」などと表記する場合もありますが、病院などの医療機関や医学学会では「カンファランス」を用いることが多いです。
医療の世界におけるカンファランスは、医師看護師、介護士、医療ソーシャルワーカーなどが集まる会議を指します。これは「チームカンファランス」と呼ばれ、それぞれの専門家が患者の状態を共有し、課題や解決策、改善点などを話し合います。カンファランスで重要なのは、参加者全員が積極的に話し合いに参加し、情報を共有することです。
原則としてカンファランスで話し合った内容は患者に伝え、患者がカンファランスに参加する場合もあります。多方面からの意見が集まることで患者の様子を把握できるカンファランスは、特に介護の場面で重宝されます。
また、病棟で起こっている問題や看護業務の改善など、看護師のみで行う話し合いもカンファランスの1つに含まれます。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ