入局

入局とは、医局や放送局のように「局」の付く組織に入り、その局員となることです。
医師の場合は、医局に所属すること(医局人事システムに組み込まれること)を入局と言います。大学医学部卒業後に入局するのが一般的です。入局する際、試験を受けることになりますが、面接のみであったり、面接のほかに筆記試験や口頭試問を課したりなど、医局によって内容は異なります。
医師にとっての入局は、長い間キャリア形成の第一歩として一般的でしたが、現在はその形が変わってきています。初期臨床研修後に医局入局せず、自らで後期臨床研修を受ける病院を探し、試験を受ける研修医も増えています。医局に属するか属さないかで、その後のキャリアプランも大きく変わる可能性があるといえます。

キャリアの一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ