大学院生

大学院生とは、大学院に籍を置く学生のことです。「院生」と呼ばれることもあります。一般的に、大学卒業後、大学院修士課程(博士前期過程)、博士課程(博士後期過程)を経て大学院生となります。
医学部の場合、大学院への進学には主に2つのケースがあります。1つは、初期臨床研修3年目で大学院に進学し、研究医としてのキャリアを選択するケース。もう1つは、大学院で専門分野を学びながら、大学病院や関連病院で後期研修を受けるケースです。
現在の臨床研修制度が導入されてからは、大学院で医学博士号を取得するよりも学会認定専門医の資格を取得することを重視する医師が増え、大学院への進学率は以前よりも低下しています。そのため、大学院に進学するコースだけでなく、進学せず臨床に専念できるコースを後期臨床研修の中に設けている大学病院医局)も存在します。

キャリアの一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ