神経内科

神経内科とは、内科のひとつに含まれる、神経系の疾患を扱う科目です。神経内科の対象疾患には、パーキンソン病、アルツハイマー病、ハンチントン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、ギランバレー症候群、重症筋無力症、筋炎、脳炎、髄膜炎、脳梗塞、脳出血、筋ジストロフィー症、てんかん、ミトコンドリア脳筋症、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、ナルコレプシー、レム睡眠行動異常症、下肢静止不能症候群などが含まれます。
日本には、「日本神経学会」が発足させた「専門医制度」が存在します。試験に合格すると、「日本神経学会認定神経内科専門医」として認定されます。ただし、前提条件として、「日本内科学会認定医」の資格を取得していなければなりません。

病院の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ