当直

当直(宿日直)とは、正規の就業時間とは別に、交代当番で夜間帯などに勤務することです。24時間継続サービスの提供や、昼夜を問わない運営が必要とされる病院・工場・店舗・消防・鉄道などで見られる勤務形態です。医療法第16条では、入院設備を有する病院では医師当直させなければならないことが規定されています。当直を行うには労働基準監督署の許可が必要で、「軽度または短時間の業務を目的としていること」「夜間に十分な睡眠時間が確保されていること」といった条件を満たす必要があります。
原則、当直は「軽微な労働」である必要がありますが、実際の現場では、医師は通常の業務に携わっているケースが多いです。
なお、当直は法定労働時間内になるため、割増賃金が支給されません。一方、夜から翌朝まで勤務する夜勤の場合は実働時間と見なされるため、夜間手当が支給されます。

制度の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ