ゲートキーパー制

ゲートキーパー制とは、ゲートキーパー医が特定地域における住民に対して初期診療を行い、専門医の受診や入院などが必要かどうかを判断する制度です。
ゲートキーパー制はアメリカやドイツ、イギリスなどで導入されています。特定地域の住民が事前にゲートキーパー医の患者として登録を行い、救急時を除き、病気などにかかったとき、まずゲートキーパー医の診察を受け、必要であれば病院に紹介されます。
日本にはゲートキーパー医が存在しませんが、今後導入されることを想定した場合、現在の「かかりつけ医」が最もその役割に近い医師であるといえます。ただし、日本で採用されているフリーアクセスの原則からは外れることになります。

制度の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ