カンパニー制

カンパニー制とは、企業内の事業部を独立させ、複数の企業の集合体に見立てて組織することです。社内にカンパニーを設置する場合は「社内カンパニー」と呼び、会社そのものを分ける場合は「社外カンパニー」と呼びます。 子会社のように独立性が高く、事業成果を明確に把握できます。会計上独立しているほか、人事権や投資などの判断も行うため、開発の効率化や問題解決のスピード化など、多くのメリットがあります。一方、各カンパニー間で全体のバランスが取りにくいという問題点もあります。 日本では1994年にソニーが初めてカンパニー制度を導入し、後にパナソニックや東芝、オムロン、トヨタ自動車などが取り入れています。

制度の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ