労働基準法

労働基準法とは、労働者の保護を目的に、労働時間や賃金、休日といった、労働条件の最低基準を定めた法律です。
労働基準法は、憲法27条「労働権」の規定に基づいて、1947年に施行されました。元となったのは戦前に制定された旧工場法ですが、経済発展や産業構造の変化などに伴って改正され、現在の形になっています。すべての労働者に適用される法律で、就業規則や労働契約に優先されます。強行法規のため、雇用者が労働基準法に違反した場合は、罰金刑や懲役刑に処せられることもあります。略称は労基法で、労働組合法労働関係調整法とともに労働三権と呼ばれています。

制度の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ