ホワイトカラー・エグゼンプション

ホワイトカラー・エグゼンプションとは、有能な人材の能力や時間を有効活用することを目的とした、労働法上の規制を緩和・免除する制度のことです。ホワイトカラーと呼ばれる総合職や事務職などの知的労働者が対象になり、労働者は使用者との間で合意した一定の成果を達成する前提で、勤務時間を自由に決められるようになります。
現在、日本では「高度プロフェッショナル労働制特定高度専門業務・成果型労働制)」という名のホワイトカラー・エグゼンプションの導入が検討されています。「労働時間」ではなく「成果」に対して賃金が支払われるため、自由な時間を確保できる一方、労働時間の長時間化やサービス残業の合法化を招く恐れがあるとして、一部の企業での悪用も懸念されています。
医師は一般的にホワイトカラーに分類され、アメリカではホワイトカラー・エグゼンプションの対象になっています。日本では、医師は人の生命に関わる職業であるため、時間や成果で縛ることが難しく、現段階ではホワイトカラー・エグゼンプションの対象から外れています。

制度の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ