引き留め

引き留めとは、他人の行動を思いとどまらせようとすることを意味する言葉です。一般的に、退職を望む従業員に対し、雇用主側などが退職しないよう説得することを指します。
多くの組織は人材不足などの理由から従業員の退職を防ぐため、脅迫的な慰留、待遇改善などの申し出により、引き留めを行います。引き留められる側は退職しにくくなりますが、退職交渉後に退職せず会社に残ったとしても、「会社にいづらくなる」「会社側が引き留めの条件を正しく守らない」などの問題が起こる可能性もあります。
医師の場合も、退職を申し出た際、引き留めにあうことがあります。能力の高い医師看護師退職することで、提供できる医療の質が低下すると同時に病院全体の結束力も緩くなり、連鎖的な退職につながることも多いです。
また、病院が1人の医師引き留められたとしても、退職の理由となった問題の解消や就業環境の改善を図らなければ、退職者を減らすための根本的な解決にはなりません。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ