ホムンクルス

ホムンクルスとは、ラテン語で小人を意味し、15世紀始め、スイス出身の医師であったパラケルススによって人工的につくられたとされる人間、またはその生命体を作り出す技術を指す語です。
パラケルススは錬金術という化学的手段を利用し、人間の精子や数種類のハーブをフラスコに入れてホムンクルスを作り出したと自書に記述しています。しかし、彼の死後、再び成功した者がいないことに加え、現代においても化学的に証明されていないため、「ホムンクルス」は想像の産物として扱われています。また、ホムンクルスはしばしばクローンと混同されることがありますが、クローンは卵子を利用するため、まったくの別物だと考えられています。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ