アルベルト・シュヴァイツァー

アルベルト・シュヴァイツァーとは、ドイツ出身のアルザス人で、医師、哲学者、神学者、オルガニストです。マザー・テレサやマハトマ・ガンディーと並び、20世紀を代表するヒューマニストとして知られています。
「生命への畏敬」の概念を唱えて世界平和に貢献し、1952年にノーベル平和賞を受賞。生命への畏敬はアルベルト・シュヴァイツァーの思想の根底にある、「人間をはじめとした生命を持つものの存在を敬う」という考えです。
もともとは哲学博士でしたが、30歳のとき、医師に恵まれないアフリカ人を救うため、大学を辞めて医師の免許を取得。当時フランス領だったアフリカのランバレネへ渡り、医師として働きました。彼はランバレネにマラリアや赤痢などを治療できる医療施設を開設し、多くの人々の命を救いました。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ