第三次産業

第三次産業とは、第一次産業第二次産業に含まれない産業・小売業・商業など、形のない産業のことです。 イギリス出身の経済学者コーリン・クラークが考案した、国の産業を3つに分類する考え方です。一般的に、1人当たりの実質国民所得が高い国では、第三次産業の就業人口が多い傾向にあります。 日本においても、第三次産業の従業者数は全産業の約75%を占めています。かつては第一次産業を基盤とする農業国でしたが、高度経済成長により製造業を中心とした第二次産業の比重が増え、さらに現在は第三次産業の比重が高まっています。 このように、経済発展に伴って産業の比重が第一次産業から第二次産業第三次産業へと移行していくことを「産業構造の高度化」といいます。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ