商社不要論

商社不要論とは、「仲介業者としての商社は必要ない」という考え方です。 総合商社は高度経済成長期において日本経済をけん引しましたが、バブル景気の1980年代から不要論が浮上し、ITが発達した現代においては商社を介さずに取引が可能になりました。そのため、物を右から左に動かす商社は不必要であるという考えが強まりました。 しかし、商社は時代のニーズに合わせて業態を変化させており、商社不要論がささやかれながらも、その存在意義を保ち続けています。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ