東京婦人矯風会

東京婦人矯風会とは、1886(明治19)年に設立されたキリスト教系の女性団体です。 当時、ミッションスクール女子学院の校長をしていた矢島楫子が会長を務め、禁酒運動や売春行為の取り締まり、一夫一婦制の制定、婦人参政権獲得運動などの活動を実施。1893年に全国組織「日本キリスト教婦人矯風会」となりました。 1900年頃からは、婦人ホームや職業紹介、教育、人事相談などを行って婦人の救済に力を入れ、現在では外国人住民基本法案制定運動、ジェンダーフリー、ポルノグラフィ規制運動などに取り組み、女性向けシェルターの「女性の家HELP」や運動施設「矯風会ステップハウス」を運営しています。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ