モンスターペアレント

モンスターペアレントとは、学校や教育委員会に対し、非常識で理不尽な要求を繰り返す保護者を「モンスター(怪物)」にたとえた語です。医療現場において過度に自己中心的な要求を繰り返す患者は「モンスターペイシェント」と言います。
常識として児童の自助努力や保護者間で解決が図られるべき事柄に対し、学校へ対応を押し付けようと圧力をかける行動を取る保護者がこれに該当します。
モンスターペアレントが誕生した背景には、少子化による過保護傾向、教育はサービス業であり児童や保護者は消費者であるという認識が強まっていることなどが挙げられます。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ