ペスト

ペストとは、ペスト菌の感染によって発症する急性伝染病です。かつては致死率が非常に高く、感染すると皮膚が黒ずむことから「黒死病」と呼ばれることもありました。
ペストは、感染したネズミの血を吸ったケオプスネズミノミというノミが人の血を吸った際に感染するものです。種類としては、リンパ腺を冒す「腺ペスト」、血中のペスト菌が全身に回り敗血症を引き起こす「ペスト敗血症」、腺ペスト発症者が二次的に発症する「肺ペスト」、皮膚から感染する「皮膚ペスト」があります。抗生物質の投与が主な治療法です。日本には1896年に上陸してから1930年まで国内での発生が続きました。ケオプスネズミノミが生息していなかったことから、ペストはもともと日本には存在していなかったとされています。
17世紀のヨーロッパには、「ペスト医者」と呼ばれる専門医が存在していました。当時は悪い空気(瘴気)がペストの原因であると考えられており、ペスト医者はそれから身を守るため、つば広の帽子や革のガウン、鳥のくちばしのような仮面といった独特な衣装を身に付け、木の杖で治療にあたっていました。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ