病児保育

病児保育とは、仕事を休めないときに、病気の子供の世話をするサービスや施設のことを指します。単に世話をするだけでなく、保育士、看護師医師、栄養士などの専門家が連携し、病気にかかった子供に合った保育・看護を行うこともあります。
病児保育とよく似たものに「病児後保育」があります。病児後保育では、病気は治っているものの、まだ本調子ではなく、普通の保育を受けるのが難しい回復期の子供を親に変わって世話する施設・サービスです。
病児保育や病児後保育は、厚生労働省の「乳幼児健康支援一時預かり事業」として、補助金を受けて行われます。施設数は全国的に増加しつつありますが、実際に預かる子どもの人数は限られています。このような事業は働く女性医師にとって必要不可欠なものです。女性医師のための保育園の中には、こうした病児保育を行っているところも少なくありません。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ