ワークショップ

ワークショップ(workshop)とは、作業場や仕事場などを意味する言葉です。そこから派生して、参加者が自ら参加・体験し、グループワークなどを通して学びを得る場を意味することもあります。
講義型の学習では座学ですが、参加型のワークショップは進行役が司会をし、参加者が体験することで学びます。コミュニケーションを取りやすいというメリットから、近年では企業研修や住民参加型まちづくりにおける合意形成の手段としても用いられています。
医師に対しても、さまざまなワークショップが開催されています。内容として多いのは、医師の医療技術を高めるためのワークショップです。また、「医師の健康支援を促す」「女性医師支援する」といったワークショップもあり、医療技術に限らず幅広いテーマで開催されています。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ