白い巨塔

白い巨塔とは、医局制度などの医学会の腐敗と人間の生命の尊厳を描いた、作家・山崎豊子による長編小説です。同作家は『不毛地帯』『大地の子』『沈まぬ太陽』などの著者としても知られています。
主人公は浪速大学に勤務する「財前五郎」と「里見脩二」の2人の医師で、対象的な人物を通して医療に眠る問題をクローズアップしています。『白い巨塔』は山崎豊子作品の中でも傑作といわれており、1966年の映画化以降、テレビドラマなどでも映像化されています。2003年には、俳優・唐沢寿明氏と江口洋介氏の主演で25年ぶりにリメイクされ、人気を博しました。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ