附属病院

附属病院とは、主に大学の附属施設としての病院(大学病院)を指す言葉です。一般的に、大学本部が直轄している場合は「大学附属病院」、学部に属している機関である場合は「学部附属病院」と呼ばれます。なお、「付属」と表記される場合もあります。主に教育・診療・研究を行う機関です。
附属病院の多くは総合病院であり、高度先進医療推進のため特定機能病院の認可を受けています。また、医学生の卒後研修の場となるための研修指定病院の認可も受けており、医学部生の実習先・就職先としての役割があります。そのためしばしば医学部生が臨床研修を受けるために訪れます。

キャリアの一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ