医局員

医局員とは、大学病院などの診療科ごとの人事組織「医局」に属する、研修医大学院生を指します。
医局教授を頂点に准教授講師助教医局員と続く同一診療科医師が所属するグループで、研究・教育機関であり、関連の病院などに医師派遣する人事組織でもあります。
従来、医師は大学卒業後に母校の医局に入り医局員となることが一般的でしたが、意に沿わない移動がある、給与待遇がよくない、長時間労働などのデメリットも多数上げられていました。平成16年に医師臨床研修制度が見直されたことで研修先病院を自由に選べるようになり、大学卒業後に医局員になるという選択肢をとらないことも珍しくなくなりました。その一方で、環境と待遇の良い大学医局や市中の病院へ流れる研修医が増加し、地方の医師不足がより深刻化しているという問題が起こっています。現在でも何百人もの医局員が在籍している医局があり、切磋琢磨できる環境を魅力と感じる医師も多くいます。

キャリアの一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ