副作用

副作用とは、薬の「主作用ではない作用」のことです。ただし一般的には、望ましくない有害な作用を指す場合が多いです。 薬は1つの症状を改善する作用だけでなく、いくつかの作用を併せ持っています。医療機関で処方される薬は副作用よりも主作用としての有用性が高いものが認められていますが、副作用のない薬はありません。 副作用による症状は、「体調・体質に合わない」「正しく服用していない」「薬本来が副作用を持つ」などの理由で、誰にでも出る可能性があります。特にアレルギー体質の人、肝臓・腎臓の病気がある人、何種類も薬を飲んでいる人に副作用が発生しやすいです。副作用を防ぐには、「薬を変える」「副作用を抑える薬を飲む」などの対策が考えられます。 副作用の例としては、「眠くなる」「のどが渇く」「体にブツブツができる」「体が痒くなる」「胃が痛くなる」「気持ちが悪くなる」「めまいがする」「痙攣する」「お腹が下る」などがあります。

病院の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ