回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは、急性期を脱した患者の社会復帰を目的としたリハビリテーションを行う病棟です。
急性期の治療を受けてから病状が安定し始めた回復期に集中的なリハビリテーションを行い、病気や怪我で低下した能力の回復や日常生活活動(ADL)能力の向上、寝たきりの防止などを行います。
回復期リハビリテーション病棟は2000年に誕生した比較的新しい病棟です。回復期は患者の急変があまりないため、医師ワークライフバランスを保ちやすい職場でもあります。医師看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療相談員、管理栄養士などが在籍し、協働することで、個々に合ったリハビリテーションプログラムの作成と実施が可能となります。

病院の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ