OT

OT(作業療法士,Occupational Therapist)とは、医師の指示のもと患者にリハビリテーションを行い、日常生活で必要な動きを身に着ける手助けを行う医療従事者です。主に病気や事故などで身体に障害のある人、身体が不自由な人を対象としています。「リハビリ作業療法士」とも呼ばれます。PT(理学療法士)、ST(言語聴覚士)、ORT(視能訓練士)と並ぶ、リハビリテーション職の1つです。
PT(理学療法士)が「座る」「立つ」など基本的な動作の能力回復を中心に扱うのに対し、OTはより高度な動作を扱い、スポーツや手芸などを行えるよう指導します。日常生活の動作を自立的に行うことは、患者が充実した生活を送る大きな助けとなります。
OTになるためには、国が指定した大学や専門学校を修了し、資格試験に合格する必要があります。
現在、作業療法士の知名度は一般的にそれほど高くありませんが、高齢化社会が進みリハビリテーションの需要が増えるにつれ、OTの重要性も高まっています。

資格の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ