保険医年金

保険医年金とは、保険医協会の会員を対象とした積立型の私的年金です。1968年に制度が発足し、加入者は全国で55,000人以上に上ります。
保険医年金は保険医協会が窓口となり、6社の生命保険会社に資産を分散し、委託しています。また、満74歳まで加入でき、一時金という形でいつでも積み立てた年金を払い出すことができるため、将来設計や老後の備えとして、多くの医師が利用しています。

制度の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ