国民皆保険制度

国民皆保険制度とは、1961年に達成された、すべての国民がなんらかの公的な医療保険に加入する制度のことです。
日本国民(1年以上の在留資格を持つ外国人も含む)は、政府管掌保険、組合管掌保険、共済組合、船員保険、国民健康保険のいずれかに加入しています。このうち、国民健康保険には、市町村国保と国保組合があります。原則として全国民が公的医療保険に加入していますが、生活保護受給者については保険制度によらず、生活保護のひとつとして医療が提供されています。また、生活保護受給者は国民健康保険に加入することはできません。なお、民間の医療保険への加入は任意になります。

制度の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ