看護師

看護師とは、看護師国家試験に合格することで免許を取得し、医師の医療補助や傷病者の看護などを行う職業を指します。病院内で働く看護師は、診療の手伝いを基本とする「外来看護師」、患者の看護を行う「病棟看護師」、手術の介助をする「オペ室看護師」、ICUで働く「ICU看護師」の4種類に大きく分類されます。
もともとは女性の看護師を「看護婦」、男性の看護師を「看護士」と呼んでいましたが、2001年の「保健婦助産婦看護婦法」の「保健師助産師看護師法」への改正に伴い、男女とも「看護師」に改称・統一されました。
看護師の仕事は各種検査のほか、点滴・注射、患者の世話、自宅療養についての教育や指導など、多岐にわたります。こうした医療的な業務だけでなく、医師や保健師、助産師といった他職種との意思疎通も、看護師にとっては重要な仕事といえます。

制度の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ