トリ・ドーシャ

トリ・ドーシャとは、サンスクリット語で「3つの生命エネルギー」を意味する、アーユルヴェーダの根幹を成す概念です。日本語では「三体液」「三病素」などと訳されます。
トリ・ドーシャは「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」という3つの生命エネルギー(これらを合わせて「VPK」と呼ぶ)から成ります。古代インドでは、VPKのバランスを保つことによって健康を維持することができると考えられていました。
サンスクリット語で「生命・寿命」を意味する「アーユス」と、「化学・知識」を意味する「ヴェーダ」が組み合わされた「アーユルヴェーダ」という言葉は、「生命科学」という意味を持ちます。また、生活全体でVPKを保つことで、より長く生きることを目的とした医学の1つとしても知られています。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ