訴訟リスク

訴訟リスクとは、訴訟を起こされる危険性を指す言葉です。
医療現場における訴訟リスクは、特に「医療訴訟」を起こされる可能性を指します。医療訴訟の多くが、患者に生じた死亡・後遺障害などの結果と、不適切な医療行為との因果関係が争点になるといわれています。
日本では、医療訴訟による医療関係者側への厳しい判例が増加しています。一刻を争う状況が多い産婦人科や救急科は、一般的に訴訟リスクが高いとされているため、若い医師が敬遠し、医師が不足する傾向にあります。加えて、医学的に妥当な医療行為であっても、訴訟リスクを恐れ、あえて行わない「萎縮医療」や「保身医療」も問題視されています。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ