頭部穿孔術

頭部穿孔術とは、頭部に穴を開け、そのまま皮膚だけを縫合する民間療法のひとつです。古代ギリシャ文明、インカ文明、マヤ文明の時代から行われていた治療行為で、「トレパネーション」とも呼ばれています。 頭部穿孔術は、うつなどの精神的な疾患の治療として行われます。頭蓋骨に穴を開けて悪い霊を追い出すことを目的としているため、現代の治療法とは大きく異なる、危険度の高い治療方法です。 頭部穿孔術によって数年から数十年、寿命を永らえた人間もいたとされていますが、明確な根拠がないため、日本や欧米諸国では違法とされています。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ