第二次産業

第二次産業とは、製造業、建設業、電気・ガス業など、収穫または手に入れた原材料を加工して価値をつける産業のことです。 イギリス出身の経済学者コーリン・クラークが考案した、国の産業を3つに分類する考え方で、ほかに第一次産業第三次産業があります。 ファッションなどのアパレル業界では、移り変わりの早い消費者の嗜好に付いて行くために、製造から販売まで一貫して行う企業が増えています。また、電器産業では納入先商標による受託製造(OEM)など、商社化が進んでいるケースもあります。このように業容が多様化しているため、二次産業は分類しきれていない面もあります。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ