男尊女卑

男尊女卑とは、男性と女性を平等と捉えず、女性の人格を否定し、軽んじる考え方のことです。 この考え方は古代ギリシャ時代から存在し、経済・政治・社会・文化において差別的な意見や扱いが容認されてきました。奴隷制社会、封建制社会、資本主義社会においても存在しています。 古代日本においては女性が上位に位置していましたが、平安時代以降、仏教の普及とともに男尊女卑の考え方が広まりました。現在は制度上の男女差別がなくなり、男女雇用機会均等法などが施行されています。しかし、結婚や出産のために仕事を離れる女性が多いこと、組織の重要なポストに就任する女性が少ないことなど、現実として男尊女卑に関連する問題は残っています。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ