両宜塾

両宜塾(りょうぎじゅく)とは、江戸末期の儒学者として知られる寺門静軒が、1860年に開いた塾です。 寺門静軒の著書に、当時のベストセラーとなった『江戸繁昌(はんじょう)記』がありますが、為政者を風刺する内容だったため幕府の発行禁止となり、江戸を追放されました。各地を転々とするなか、埼玉県北部の妻沼(現在の熊谷市)に滞在した際、地元の人々からの要望で両宜塾を開塾しました。 両宜塾は、日本で初めて医術開業試験に合格した女性医師・荻野吟子が在籍していたことでも知られています。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ