淑徳婦人会

淑徳婦人会とは、1892(明治25)年に僧侶で教育者の輪島聞声が設立した、「別院仏教婦人会」の前身となる団体です。 輪島聞声は、男尊女卑の慣習が色濃かった時代に女子教育の必要性を訴え、教育の場を作り、多くの女生徒たちを育てた人物。1905年に発表された夏目漱石の『吾輩は猫である』にも、先端の文化教育講座として登場しています。1945年の空襲により焼失したあと、戦後の学制改革によって淑徳中学校、淑徳高等学校となりました。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ