医療事故

医療事故とは、医療に関わるすべての事故のことです。
例としては、病院の廊下での患者の転倒や、医師看護師の負傷・感染などが医療事故となります。また、予測・回避ができない事故だけでなく、医師看護師など医療関係者の過失によって患者に損害が及ぶ場合、医療過誤(医療ミス)として区別することもあります。
ただし、厚生労働省リスクマネージメントスタンダードマニュアル作成委員会は、医療過誤も医療事故の一類型とし、医療事故を以下のように定義しています。
医療に関わる場所で、医療の全過程において発生するすべての人身事故で、以下の場合を含む。なお、医療従事者の過誤、過失の有無を問わない。
ア、死亡、生命の危険、病状の悪化等の身体的被害及び苦痛、不安等の精神的被害が生じた場合。
イ、患者が廊下で転倒し、負傷した事例のように、医療行為とは直接関係しない場合。
ウ、患者についてだけでなく、注射針の誤刺のように、医療従事者に被害が生じた場合。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ