占星術

占星術とは、太陽や月、惑星、小惑星などの位置・動きによって、人間の運勢や社会の動向について占う術のことです。
古代バビロニアで発祥したとされており、エジプトやギリシャ、ヨーロッパ、インド、アラブ、中国などで発達しました。占星術における天体の配置図をホロスコープといいます。占星術は大きく、西洋占星術・インド占星術・東洋占星術に分類することができます。近代天文学の進歩によって衰退しましたが、現在も一部の人々によって用いられています。
医療との関連では、古代メソポタミア人が生み出した「医療占星術」というものが存在していたとされています。また、占星術師として有名なノストラダムスは、もともとはペストなどの治療にあたっていた医師でした。

その他の一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

エピロギの更新情報をいち早くお届けします。

  • メールマガジンを購読する
  • facebook公式ページ

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ