医師だって気になる! 意外と知らないお金の話

エピロギ・人気の“お金”記事まとめ

これまでエピロギでは、医師の給与の気になる点を取り上げる「医師の給料のホントのトコロ」、医師に関わるお金のお役立ち情報をお届けする「医師が得する“お金”のハナシ」という2つの連載企画を展開してきました。
医師同士であっても話題にしにくい給与のことや、なかなか見えづらい他の職種との比較結果などをご紹介するこれらの企画。これまで沢山の反響を頂戴しました。今回は、その中でも特に人気の高かった5つの記事をピックアップします!
もう読んだという方も、まだこれからという方も、日々の暮らしに役立つ情報が満載の記事をぜひご覧ください。

1位 医師の給料ホントのトコロ「第2回 平均年収の高い診療科はここだ!」

http://epilogi.dr-10.com/articles/420/
自分の収入が働きに見合っているのか、他の医師と比べてどうなのか。気になってもなかなか聞くのは難しいのが給与の話。
全国の医療施設が提示している求人票から作成した、診療科別の「年収提示額ランキング」を見ながら、医師の年収の実態に迫るこの企画。年収額の1位は、意外 (?) なあの診療科!

 

2位 医師の給料ホントのトコロ「第3回 医師の1時間あたりの給与はいくら?」

http://epilogi.dr-10.com/articles/448/
長時間労働の常態化が問題視されて久しい医師の世界。確かに「高給職」の印象が高い医師ですが、その給与は本当に高額なのでしょうか? そこで、医師の平均年収から時給を算出し、厚生労働省が統計対象としている全129職種と比較。「ビジネス・医師業」の金銭的実態を明らかにしました。年収のランキングでは2位に輝いた医師も、時給に換算すると……。

 

3位 医師が得する"お金"のハナシ「第1回 勤務医にもできる! 節税ノウハウ」

http://epilogi.dr-10.com/articles/518/
開業という選択肢を取る方も多い医師業。節税はドクターにとっても大きな関心事のひとつです。そこで、課税所得を減らすために医師の皆さんが利用できる、さまざまな控除をご紹介します。

 

4位 医師の給料ホントのトコロ「第4回 子育て費用は収入の何%?」

http://epilogi.dr-10.com/articles/487/
エピロギ編集部がさまざまなデータをもとに算出した結果、子どもひとりの高校卒業までに、なんと1,451万円も必要になるということが明らかになりました。開業医も多いことから、子どもにも医師の道をと臨む方が多い医師業界。私立・国公立それぞれの学費比較などを通して、実際に必要となる子育て費用の現実をお届けします。

 

5位 医師が得する"お金"のハナシ「第2回 勤務医の確定申告」

http://epilogi.dr-10.com/articles/528/
なにかと「副業」が多い医師業界。他医院での代理診療や医療サービスの慣習など、さまざまな「副業」が増えています。
そうなると必要になるのが「確定申告」。
そこで、医師業とはまったく別の知識が必要になる医師の確定申告についてご紹介します。
副業での確定申告を怠ると、加算税や延滞税などのペナルティが科されてしまうこともあります。マイナンバー制度が開始間近の今、副業のある医師必見の記事です。

 

「医は仁術」といいますが、それを行使する「医師業」は厳然としたビジネス。お金のことを忘れるわけにはいきません。
皆さんはどの記事が気になりましたか?
気になった記事、面白いと感じた記事がありましたら、ぜひ各記事のページで「いいね!」やコメントをお送りください。今後追跡取材なども検討いたします。皆さんの声が記事企画に。『エピロギ』はこれからも医師が気になる情報を積極的に配信して参ります。
これからも『エピロギ』をよろしくお願いいたします。

(文・エピロギ編集部)

【関連記事】
医師が得する"お金"のハナシ|第7回 日給が高いのはこのアルバイト!
医師専門キャリアコンサルタントがお答えする 勤務医の為の高額年収の稼ぎ方
医師の給料ホントのトコロ|第2回 平均年収の高い診療科はここだ

コメントを投稿する

投稿者名(12文字以内)
コメント
(100文字以内)

医師のためのビジネス選書

ページの先頭へ