転科

転科とは、(学生などが)所属する学科を途中で変えること、また、変わることです。
医師の場合、自らの専門の科目を変更することを転科と言います。大学医局の影響力が低下したことや、他科と連携した治療を行うケースが増えたことにより、転科をする(希望する)医師も増加傾向にあります。特に若いうちに転科を考えるケースが多いです。
医師転科に年齢制限はありませんが、容易ではありません。一般的に外科から内科への転科はしやすく、その逆は難しいといわれています。これは「内科医は執刀しないため」です。また、限られた専門領域の皮膚科や耳鼻科、精神科といったマイナーな科目からメジャーな科目へ転科することも難しいとされています。転科を考える際は、新しい技術の習得や専門医資格の取得を考慮する必要があります。

キャリアの一覧へ戻る

その他カテゴリ

用語集トップへ戻る

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報

医師のためのビジネス選書

EPILOGI メルマガ会員募集中 人気記事ランキング エピロギ編集部おすすめ記事 会員限定アンケート 会員限定イベント情報
ページの先頭へ